賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”

フローで覚える賃貸選び

住まいを選ぶ際には、色々な選択肢があるかと思います。
たとえば、集合住宅にするか、一戸建てにするかです。
相対的にみれば、集合住宅の方が、数が多く、選びやすい面もあるでしょう。
しかも、日本の場合、有効利用できる土地が少ないため、高さに居住空間を求めています。
地震などの災害があるとはいえ、それへの対策を技術で補っているのが、実情でしょう。
そのため、日本の耐震技術は、世界でも有数であるようです。
東日本大震災でも、建物の被害が少なかったのは、それだけ耐震技術に優れているからとも言えます。
もっとも、震源地が太平洋であり、被害の多くが津波であったこともまた、関係しているでしょう。
いずれにせよ、耐震技術に優れている建物が多く、集合住宅が多いのもまた、事実です。
さらに、集合住宅でも、分譲と賃貸があり、どちらを選ぶかは、個人の状況などによって、異なっているとも言えます。
もちろん、一戸建てでも事情は同じであり、特に購入物件であれば、近年は、注文住宅が人気であるようです。
自分の好きな形状をした一戸建てを持つことができ、個人主義が当たり前の時代ならではのことかもしれません。
しかし、分譲でも購入でも、それなりの資金が掛かり、しかも、所有しているということで、それなりのコストが掛かります。
車と同様、維持が大変とも言えます。
その点、賃貸であれば、お金を払い続けることで、住まいを出て行く必要がありません。
金銭関係が、不動産賃貸の根幹であり、その点では、債権債務と同様です。
けれども、比較的気軽に住める賃貸物件でも、きちんと弁えておくべきことがあります。
どこにでも業界がありますが、その慣習のようなことを知っておくべきことがあります。
あるいは、きちんとした手続きを踏まえ、住まいを変えることも大事です。
あるいは、資金を確保することも、賃貸では、重要です。
先でもお話しているように、賃貸は、金銭が重要な柱となっています。
家賃をきちんと支払い、万が一遅れるような場合は、事前に連絡することが大事です。
そうすることで、住まいを確保し続けることができると言えます。
これは、集合住宅のみでなく、一戸建てにおいても、当てはまることとなっています。
このサイトでは、こういう賃貸について、取り上げています。
フローのような段階を経た構成を試みていますが、重要点もピックアップしています。
平易な言葉で綴っているつもりですが、ご理解いただけるようであれば、作成者として、この上ない喜びです。

注目度がUPしている賃貸は、実はユーザーが多いこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2019賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”.All rights reserved.